ベビーシッターの仕事とは

ベビーシッターの仕事とは

ベビーシッターの仕事とは

ベビーシッターは特に資格が無くてもベビーシッターの会社の採用条件にクリア出来ればなる事も出来ますが、社団法人全国ベビーシッター協会が認定する認定ベビーシッターという資格があります。
この資格は国家資格ではないため絶対取得しなければならない訳ではありませんが、需要の高まりとともに未経験でも仕事が出来る会社も増えているためニーズがあります。



保育士として働く場合は、保育士国家試験を受験し合格する事で保育士の国家資格が必要になります。

主に働く場所は依頼者のお客様の自宅で子供のお世話をしたり、託児ルームや保育関連の施設で働く事が出来ます。

ベビーシッターのサービスを提供している会社に派遣の登録をしたり、託児施設に就職して働きます。



保育園や児童養護施設は保育士の仕事になります。
正社員で働く方もいますが、派遣やパートが多いのが特徴です。

基本的に1人で仕事をし、お世話をする子供も1人か2人なので1人の子供と深く接する個別指導になります。
仕事の流れは仕事を受けた後にご家庭に向かい保護者と打ち合わせをします。

仕事の内容に加えて、乳児であれば成長段階や行ってはならない事、緊急時の連絡について確認します。



預かっている間は、ミルクを飲ませたりオムツの交換、おもちゃで一緒に遊んだりします。
幼児の場合は、本を読んだり天気が良ければ外に出て散歩をしたりと遊びかは様々です。


子供の成長度合いに応じて遊び方をかえていきます。

保護者が帰宅したらその日の報告と連絡をして終了になります。

Copyright (C) 2017 ベビーシッターの仕事とは All Rights Reserved.