ベビーシッターの特徴と仕事にするコツ

ベビーシッターの特徴と仕事にするコツ

ベビーシッターは、依頼者のお宅にお邪魔して赤ちゃんのお世話をする、というのが特徴的な仕事です。

働く女性が増えた結果、託児施設の需要は高まりましたが、需要に供給が追い付いていないのが現状です。その点、ベビーシッターは託児施設不足を補う形で、こちらも需要が高まっている職業だといえるでしょう。

仕事は短時間だけ依頼されることが多く、明るい時間帯が殆どですから、スキマ時間を活かした収入源となり得ます。


赤ちゃんを預かるので、責任感や安全に関する知識は不可欠ですが、子供好きなら仕事にできる価値があると考えられます。



基本的に、ベビーシッターは個人間の契約なので、信頼関係や契約前の確認が必要不可欠です。
赤ちゃんに万が一のことが起こると、信用問題に結び付きますから、そういった状況に備えて契約のルールを定めておくのが理想的です。


また、ベビーシッターは無資格で誰でも始められるので、信用の獲得に仕事を安定化する為の重要性があります。


本格的に副業、あるいは本業化したい場合は、身近な人からベビーシッターの依頼を受けて、少しずつ実績を増やすのが良いでしょう。



実績は口コミで広がりますし、依頼者の間で評判が高まれば、紹介を受けて新たな顧客の獲得にも繋がります。

派遣会社で仕事を紹介してもらう方法もありますが、仲介を受けるので報酬は減るという欠点が存在します。

しかし、自分に合う案件を見付けてくれたり、都合の良い仕事が選べる利点があって、フリーランスとは住み分けができていますから、求める希望に合わせて働き方が選べるでしょう。



Copyright (C) 2017 ベビーシッターの特徴と仕事にするコツ All Rights Reserved.