ベビーシッターの育成が喫緊の課題です

ベビーシッターの育成が喫緊の課題です

女性の社会進出が進む大都市圏においては、共働きの増加から、託児所や保育所などの保育施設の需要が極めて高い地域です。

様々なメディアで報道されているとおり、こうした大都市圏では、需要に供給が追い付かず数多くの待機児童が発生しています。

国や県、市などもこの状況を深刻に受け止めており、託児所や保育所の誘致・建設を急いでいますが、とても問題解消のレベルには達しておらず、今後数年間はこの状況が続くことが想定されています。
ベビーシッターは基本的に訪問型の保育サービスですから、保育施設を必要としませんし、保育士とは異なり国家資格などは存在しませんから、未経験の人でも始めやすい仕事であると言えます。
大都市圏には派遣会社が数多設立されており、多くの求人を募っています。



そこでは、全国保育サービス協会が主催する研修会に積極的にベビーシッターを派遣し、知識やスキルの好況を目指すとともに、認定資格を取得しユーザーに対して安全であることをアピールしているのです。



様々な企業で女性社員の役職者登用や正社員化が進んでいく中で、待機児童の問題はさらに深刻度を増すことが予想されています。



こういった状況の中でベビーシッターの需要はさらに高くなることは明白ですが、一方ではベビーシッターの安全性の問題も取りざたされていることから、豊富な経験や高いスキルが求められており、派遣会社においては単にベビーシッターを派遣するだけでなく、その育成にも期待がかかっています。

Copyright (C) 2017 ベビーシッターの育成が喫緊の課題です All Rights Reserved.