ベビーシッターに役立つ資格と保育士との違い

ベビーシッターに役立つ資格と保育士との違い

ベビーシッターは依頼者の自宅に行って依頼者が不在の間子供のお世話をする仕事です。

ベビーシッターの仕事に従事するのには特別な資格は必要ありません。



そのためベビーシッターの国家資格などは存在しません。

国家資格はありせんが、協会が認定している認定ベビーシッターという資格はあります。

この資格がないとできない訳ではないので、必ずしも取得する必要はありません。

しかしこの資格を持っている事で依頼者の自宅に行って子供の世話をするにあたっての最低限の知識がある証明になるので、仕事を受ける上で取得しておくと有利になります。



また保育士の資格は必要ありませんが、依頼者の中には保育士の資格を持っている人に頼みたいという依頼者もいるので保育士の資格を持っていれば仕事も増えやすいですし、給与の増加にも繋がりやすいです。



保育士の資格は国家資格なので、難易度的にも協会の認定試験よりも難しいので保育士の資格を持っているベビーシッターを求める依頼者は少なくありません。
幼稚園や保育園で保育士として子供の世話をする時と違うのは基本的に一人から二人ほどの子供を自分一人で世話します。そのため同僚や上司と連携して現場で子供の世話をしないので人間関係を構築する必要はありませんが、起きた問題に対して自分一人で対処する難しさはあります。また自分と一人か二人ほどの子供だけを相手にするので、相手の子供や親との深い信頼関係を築く事がとても重要です。

Copyright (C) 2017 ベビーシッターに役立つ資格と保育士との違い All Rights Reserved.