信頼関係を築くというベビーシッターの仕事の魅力

信頼関係を築くというベビーシッターの仕事の魅力

ベビーシッターの仕事は、主に個人宅で小さな子どもの世話をすることです。

非常に大きな役割として、仕事や病気などの理由で、保育が出来ない親の代わりに、一時的に子どもの面倒を見ることがあり、女性の社会進出という時代背景により、より一層人材が求められている職種です。



この仕事のもっとも大きな魅力は、大好きな子どもの世話をすることが仕事であり、その上で収入が得られるということでしょう。


保育士や幼稚園教諭も子どもと関わる仕事ですが、大人数を相手にする集団保育のため、子どもとの関わり方はベビーシッターとは大分異なります。



ベビーシッターは、一回の仕事で見ることになる子どもは、ひとりかふたりですので、じっくりと深く関わることができるのです。

さらにこの仕事の利点は、自分の時間の都合に応じて働きやすいことだと言えるでしょう。


普通の会社であれば、通常9:00~18:00と勤務時間が定められていますが、多くのベビーシッターは、会社に登録して派遣社員や短時間のアルバイト、パートとして働いています。

もちろん、朝早い時間から夜遅くまで、毎日仕事をしている人もいますが、家庭を持ちながらや学校と両立して、働いている人も多いということです。

自分の都合のよい時間に働けるのは、他にもしなければならないことを抱えている人にとっては、大きな福音であると言えるでしょう。



もちろん、仕事は楽しいだけではありません。子どもの安全を第一に考えなければなりませんので、気を抜く時間が無く、常に集中している必要があります。

決して楽ではありませんが、ベビーシッターはお金では買えない信頼関係を築く喜びがあります。
子どもや保護者と深く関わることで、人柄を信頼され、自分が誰かに必要とされる実感は、経験者でなければわからないものと言えるでしょう。

Copyright (C) 2017 信頼関係を築くというベビーシッターの仕事の魅力 All Rights Reserved.