ベビーシッターの質と安全性を向上させるためには

ベビーシッターの質と安全性を向上させるためには

ベビーシッターの質と安全性を向上させるためには

女性が働きに出ることで夫婦のライフスタイルは変化を遂げ、子供を誰が面倒を見るのかといった問題が起きてきます。このことが待機児童の問題にもつながっていくのですが、いくら自治体等が対策を講じても一朝一夕に解決できるものではありません。当面の問題を解決する方法が必要なのですが、保育施設を必要としないベビーシッターはその手立ての一つとして注目されています。

その一方で、保育士資格や幼稚園教諭の資格を持ちながら、家庭の事情などによって、保育施設で働けない人もたくさんいます。



こういった人々にとって、ベビーシッターは、自分の得意分野が活かせる上、ある程度時間の融通が利きますから、非常に魅力的な職業であると言えます。

ベビーシッターになるには、国家資格は必要ありませんが、全国保育サービス協会が主催する研修などに参加して、認定試験を受験することで、仕事の幅は広がります。



全国保育サービス協会は、ベビーシッターの質の向上、安全性の保持のために、様々な取組みを行っている団体ですが、協会としても保育士等の国家資格を所有した人が認定試験を受験することを歓迎しています。国家資格を所有する人はいわば、保育のプロですから、ユーザーに安心して利用してもらうには最適な人材なのです。
女性の社会進出は、これからも続いていくことが想定されています。



そういった状況の中で、質の高いベビーシッターの育成は喫緊の課題ですから、保育士資格を有した人は貴重な存在なのです。

Copyright (C) 2017 ベビーシッターの質と安全性を向上させるためには All Rights Reserved.