ベビーシッターの需要増加に伴い求められるものとは

ベビーシッターの需要増加に伴い求められるものとは

大都市圏では多くの大企業が進出していることから、女性の社会進出が目覚ましく、子供の託児所や保育所の不足が深刻な問題となっています。もちろん、大企業の中には、自社で運営する託児所もありますが、それはごく一部の企業でしかなく、多くの共働き家庭に深刻な問題として圧し掛かっているのが現状です。



こういった社会環境の中で、注目・期待されているのがベビーシッターです。

海外では、非常に慣れ親しまれた職業ですが、日本ではここ数年で急激に従事する人が増えた職業だと言えます。

保育士などとことなり、厚生労働大臣が指定した大学や専門学校を卒業する必要も国家試験を受験する必要もありませんから、誰でも参入できるというメリットはありますが、子供達の命を預かる仕事でもありますから、簡単なものではありません。



特に、保育に関する仕事は未経験だという人は、しっかりとした研修を受けておく必要があります。

こうした状況において、ベビーシッターのスキル向上に尽力しているのが全国保育サービス協会です。これは民間団体ですが、スキル向上に向けた各種研修や勉強会の開催をはじめ、独自の認定試験を導入し、合格者は優良ベビーシッターとして、協会が作成している名簿にも記載されますから、ユーザーにとっても安心して預けることができるベビーシッターを探しやすいと好評を得ています。



今後、さらにベビーシッターの需要は高まりますから、スキルの向上に向けた取組みが求められます。

Copyright (C) 2017 ベビーシッターの需要増加に伴い求められるものとは All Rights Reserved.